page icon

ごりんやの会

 

2022年予定の会

桂福丸「趣向の会」 2月19日桂福丸「趣向の会」 2月19日2022/2/4 11:122022/2/6 6:10

これまでの会

継続中

春風亭一花の会「はないちりん~先輩ようこそ~」
柳亭こみちの会「こみち噺研究会」
桂紋四郎の会「紋四郎、江戸に舞う」
桂福丸の会「趣向の会」
三笑亭可龍 笑福亭べ瓶の会「題名のない落語会」
桂九ノ一東京ひとり会「九ノ一のピン!」(令和4年5月21日スタート)
 
 
 

席亭のプロフィール

ごりんや。または梅薫庵(はいくんあん)、本名はときやすし
1962年寅年生まれ。学生時代は洋画洋楽に熱中し、伝統芸能の「で」のジも知らなかった。2000年半ば、ふとしたきっかけで古今亭志ん朝のCD 「落語名人会」シリーズを聴き、親しむようになる。はじめて生の落語を聴いたのは、00年代後半の平日昼の池袋演芸場、林家たい平師主任の芝居で、その時の演目は「紙屑屋」。その後贔屓にさせていただいた、三遊亭遊雀師匠の会を2014年に主催したのが縁で、おもに落語(その後講談も)会を行うようになる。
出演していただいている演者のみなさまは、三笑亭可龍、笑福亭べ瓶、一龍斎貞寿、柳亭こみち、桂福丸、桂紋四郎、春風亭一花、桂九ノ一(敬称略、スミマセン)のみなさん。
月に1、2回、年に15回ほどの東京と上方落語、そして講談の会を東京は神田神保町・らくごカフェにて主催している。
一龍齋貞寿 柳亭こみちの会「龍と柳」
春風亭一花の会「はないちりん~先輩ようこそ~」
柳亭こみちの会「こみち噺研究会」
桂紋四郎の会「紋四郎、江戸に舞う」
桂福丸の会「趣向の会」
三笑亭可龍 笑福亭べ瓶の会「題名のない落語会」
桂九ノ一東京ひとり会「九ノ一のピン!」(令和4年5月21日スタート)

すでに終了した会

玉川太福の会「太福萬福」(全15回)
笑福亭べ瓶 桂三度の会「ベベサンド」全15回
 
 
予約方法2022/2/5 21:512022/2/5 21:55